龍虎堂薬局について

1978年に長与に開局した漢方薬局です。

不妊症・婦人病・皮膚病相談をはじめ、心身の不調で悩んでおられる方のご相談を国内外での研修で日々研鑽を積んだスタッフがお受けしています。

体調不良の原因をしっかりと分析し、食・生活養生もアドバイス!「自分の病気(不調)の原因が、ようやく分かった!」「もっと早く相談すれば良かった…」というお声も頂戴しております。

「身体の不調」は「自分の体質」から生み出されるもの。ほとんどの病気・不調は漢方で対応ができます。

プライバシーに配慮した相談室も完備しております。一人で悩まずにお気軽にご相談ください!

住所 〒851-2128長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷1170-5
TEL 095-883-4300  FAX 095-883-4301
営業時間 AM9:30~PM7:00
定休日 日曜・月曜(勉強会などで臨時休業させて頂くこともあります)
駐車場 5台
店頭の他、お電話相談・メール相談なども行っております。

相談の流れ

研修の様子

中国研修


講義風景


山東中医薬大学付属病院


病棟研修


臨床風景

スタッフ紹介

夏苅 和子 [なつかり かずこ]

夏苅 和子 [なつかり かずこ]

薬剤師
神戸出身
趣味:音楽・絵手紙

1969年:神戸女子薬科大学薬学部卒業。
同大学で助手、その後神戸労災病院・長崎市の浜崎病院など病院薬剤師を経て1978年に龍虎堂薬局を開業する。
1998年から17年間、長崎中医薬研究会会長
2013年から現在、日本中医薬研究会会長
日本中医薬研究会・日中医薬研究会・五行会などで中医学・日本漢方の双方を学ぶ。
1986年より中国各地の中医医院で、婦人科・内科・呼吸器・痺症(リウマチ)、不妊症・男科などを研修。

薬学部卒業後、神戸の労災病院の薬剤部で約4年間勤務。しかし、人によっては10種類以上もの薬が処方され、パンパンに膨れた薬袋を幾つも抱えて帰る患者さんの姿に疑問を持ち続けていました。
退職後、薬の副作用による健康被害、血液製剤でエイズを発症した方などのニュースをみて、新薬の持つ危険性を痛感。そして漢方と出会い、新薬とはまったく違う発想、身体の中から調えることに魅力を感じ、『相談』を柱とした漢方薬局を開局しました。
五行会で古方を学び病気に向き合っても症状が複雑になるとなかなか効果が得られないこともあり、迷路にはまりかけていた時に、中医学に出会いました。その後、日本漢方の重鎮、渡邊武先生(故人)に出会い、古方と「身土不二」や中医学の五行説から食養生の大切さも学びました。
中医学は実に明快な理論!訴えが多いほど明快に整理が出来、問題点や程度がハッキリ浮かび上がってくる。まさに目からウロコでした!その後は毎年中国研修を重ね、その成果をお客様にお届けしています。
念願の赤ちゃんを抱いた弾けるような笑顔、アレルギーを克服したきれいな皮膚、心身共にお元気になった方の活躍・・・お客様と喜びを共有できるのは、本当に幸せなことです。日々、店頭での相談に明け暮れながら、中医学の理論の正確さや応用の素晴らしさをセミナーやまちゼミなどを通して一人でも多くの方にお伝えし、ご家庭でも役立つ中医学を楽しんで頂きたいと思っています。
お悩みのある方は、ぜひ一度ご来店下さい!

夏苅 竜子[なつかり りょうこ]

夏苅 竜子 [なつかり りょうこ]

薬品登録販売者
【日本不妊カウンセリング学会認定】
不妊カウンセラー
【日本アロマコーディネーター教会】
アロマコーディネーター
アロマハンドリラックス修了
長崎出身
趣味:音楽・舞台・美術鑑賞、写真、
ドライブ、スキューバダイビング etc

2001年イスクラ薬局・薬店経営塾(中医薬研修塾)修了 
同年 イスクラ産業(株)入社 イスクラ薬局原宿店(現・六本木店)勤務
たくさんの中医学講師に師事し、内科・婦人科・不妊症・精神科疾患を中心に臨床経験を積む。
2005年:帰郷し、母と二人三脚で漢方相談に従事。
2013年1月より、ながさきプレス「漢方のチカラ」執筆中。

物心がついたときにはすでに薬局があり、漢方薬と共に育ちました。小さい頃から将来の夢は「薬剤師になること。」店舗兼住宅で暮らしていた私にはごくごく自然なことでした。
高校は進学校独特の雰囲気とハードな勉強。今思うともっと気楽に考えれば良かった志望校…。次第にストレスから心臓に不調を来たし、高3の初夏に身体が動かなくなりました。同級生から取り残され、大学受験もままならず。焦る気持ちから落ち込み、ひきこもった半年はまさに暗黒時代。体調も戻らず、ドロップアウト(退学)を腹に決めた途端、驚くほどに身体がもとに戻っていきました。
高卒の資格を取得後、4年ほどなんとなく薬局を手伝うものの童顔もあっていつまでも子供扱いされる状況に一念発起。東京へ漢方の修行に。5年間錚々たる先生方に師事し、素晴らしい仲間や同僚に恵まれ“水を得た魚”となって中医学の虜になる。
薬剤師にはなれなかったけど、子供の頃の夢はほぼ叶っていると思います。
ストレスとココロとカラダが密接に関係していることを身をもって体験したことから、カウンセリングにも力を入れ相談をお受けする日々です。たとえ休みが勉強会で潰れたとしても、中医学が勉強できるなら楽しい!のです。 私の知識と経験が少しでも役立って、お客様の笑顔が取り戻せるならこんなに嬉しい事はありません。

荒木 陽子[あらき ようこ]

荒木 陽子 [あらき ようこ]

医薬品登録販売者
長崎出身
趣味:音楽鑑賞、読書

思えば、漢方薬は身近にありました。祖母が家でよく薬を煎じていたし、両親の仕事場と龍虎堂が近くで、体調不良の時などよく御世話になっていました。
大きくなり、自分で薬を買いに行くようになって色々と中医学の話しを聞く機会も増えました。これもあれも!と一見 関係ないような症状の原因が同じものであったり、生活習慣や、普段の食事など全てが繋がっている!
目から鱗が落ちまくり、どんどん中医学の考え方にはまっていきました。
縁あって、薬局のお手伝いをするようになり、もっと詳しく知りたい!と登録販売者の資格を取得しました。

中医学の世界は勉強すればするほど奥が深く とても面白いです。
自分自身や家族の体調の変化に日々向き合って,体からの信号をキャッチし、調整していく・・・。体からの『声』を聞く。
もっともっと皆さんの身近に。ゆくゆくは中医学の智恵が生活の一部になるよう浸透出来れば・・・なんて思っています。日頃の養生とちょっと手助けのお薬とで上手にセルフメディケーションしていきましょう。

皆さまの健康のお手伝いができるように 日々研鑽を積んでいきたいと思います。

ニーハオ・シンシン

你好 星星 [ニーハオ・シンシン]

日本中医薬研究会
キャラクター
東京(手塚治虫の「虫プロ」)出身
種別:男の子
好きな食べ物:笹
誕生日:1973年8月10日

ニーハオ・シンシンの誕生は1973年8 月10日。手塚治虫の「虫プロ」がデザインを手掛けました。
名前の由来は中国語のこんにちは「ニーハオ」に、「イスクラ産業」の中国名「星火産業」の頭文字である「星」を組み合わせました。ちなみに、「星火」という名前は「星火燎原」という中国のことわざに由来します。
これは、小さな火花でも、やがては広野を覆い尽くすほど広がるという意味を持ちます。

イスクラ産業は日本中医薬研究会の会員店(約1,000店)の薬局・薬店を通じ、中成薬(中国漢方製剤)を販売しています。
ニーハオ・シンシンはイスクラ産業の製品についており、「この漢方薬や健康食品は日本と同等の基準で製品管理をしている」という目印として活躍しています。その他、パンダマークの製品を扱っている会員店の店頭に看板として人形が置いてあります。

不妊でお悩みの方へ・・・子宝相談についてはこちらから

お悩みの症状は何でしょうか?
ご一緒に改善していきましょう!


生理痛 生理不順 不正出血 排卵トラブル 冷え症 更年期障害 子宮筋腫 子宮内膜症 PCOS(多嚢胞性卵巣) 乳がん…


不妊症 男性不妊 流産・不育症 2人目不妊…


アトピー性皮膚炎 にきび しみ・しわ・美髪…

プライバシーに配慮した相談室があり、安心してゆっくりとご相談頂けます。
お気軽にご相談ください。

いろいろな症状でお悩みの方へ

相談のイメージ
中医学について龍虎堂薬局に寄せられたお客様の声

よくある質問お問い合せ

子宝・不妊TOPICS「長崎プレス」に連載中の「漢方のチカラ」をよむ

龍虎堂薬局 All Rights Reserved, 2008-2016

このページのトップへ戻る